ワードプレス 新エディター グーテンベルクの使い方(簡単解説)

皆さん、こんにちは、革靴コンサルタントです。

本日はワードプレスの新エディター「グーテンベルク」の使い方、主に単語の説明をしていきます。

旧エディターは2021年12月31日サポートが終了します。

プラグインのサポートも終了する可能性があるので今から新エディターに慣れておきましょう。

グーテンベルクは一言で言うとブロックエディターです。

主にブロック毎に必要な項目を入力し、文字や画像を好きなところに移動しやすくなっていますので、慣れると入力しやすいエディターです。

一番よく使う項目が「一般」です。一般ブロックの中のカテゴリーの説明をしていきます。

・段落 = 主に文字を書いていくブロックです。

リンクの挿入もでき、新しいタブで開く設定もできます。

・テキスト設定 = 文字の大きさを変更します。

・ドロップキャップ = 一番最初の文字だけ大きくできます。

・色設定 = 文字の色や背景を変更できます。クリアで元に戻せます。

・画像 = 1枚の画像を使いたい時に使用する。

左寄せ・中央寄せ・右寄せが可能。青い点で大きさを自由に変更できる。角もなくすことができます。

・アップロード = ワードプレスの中にアップロードしている画像を使用する。

・メディアライブラリ = すでにメディアライブラリに入れている画像を使用する。

・ALTテキスト = グーグルがどんな画像なのかを認識するところ

・画像に対してリンクを挿入することもできます。

・ギャラリー = 複数の画像を扱うことができます。

・引用 = 別の人のサイトを利用する時に使う。本や著作者の言葉を使う時り使用する。

・ファイル = ダウンロードボタンが出てきて、PDFやメモ帳を配布することができる。

・音声 = 音声ファイルも挿入できる

・動画 = 動画ファイルも挿入できる

以上、簡単にご説明させて頂きました。

今後はもう少し深い所までご説明しますので、ワードプレスの新エディターグーテンベルクに少しずつ慣れていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました